We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 八戸からゲスト来客・・・心からありがとう

<<   作成日時 : 2011/10/17 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日16日の日曜日、いつものように向山駅ミニミュージアムの展示作業をしていると、一組の親子が訪れました。お話を聞くと、息子さんは陸奥市川駅の利活用に関わっているとのこと。休みを利用して、周辺駅を親子で見ているところでした。

 縁あって向山駅に来てくれたんだなとうれしく思い「今できたてのミュージアムをご覧ください」と案内しました。駅に関心のある人たちですから、ずいぶんと興味深く見ていただけたみたいで、大変うれしくなりました。もちろん駅話に花が咲いたのは言うまでもありません。

 写真はその親子と、熱心に駅を解説するN会長です。向山駅のように小さな駅の利活用ですが、今こうして電車離れ、学生の減少が現実となっている今、利用客の増加はそうそう簡単に見込めるものじゃないと思います。でも駅を愛する気持ちに支えながら、地域の人々が駅を再生することはできると思います。利用客の増加ということだけでなく、駅そのものを見てもらうだけでも、少しずつではありますがファンを増やすことができると思います。

 だからこそ、駅を中心にしたコミュニティーの底力は、大変重要なファクターと信じています。NPOや青い森鉄道が主導するだけでは、どうしても採算云々という話になります。そして長続きはしないはずです。でも地域に住む私たちなら、採算だけで判断することはないと思います。採算がなくても、駅を愛する地域愛、そして実際に実現するだけの気力と気持ちがあれば、駅は大変魅力的な空間へとなるはずです。

 地元人が駅を愛する気持ち、誇りに思う気持ちが大切です。その思いはやがて実行へと移されます。実行し、具体化されなければ空想で終わります。でもその気持ちに支えられた駅が出来たなら、そこには地域の人々が集います。そしてほかの人々も集います。人が集い、心を通わすことで、駅の魅力を高めるだけでなく、駅そのものが交流の場、そして外へも中へも情報発信できる場へと生まれ変わるはずです。出会いの場へとなるはずです。

 「本当にここに足を運んでくれてありがとう」・・・このもてなしの気持ちは、そこに根ざし、生活する人間だからこそ、心から思い、口にできるものだと思います。その気持ちがあってこそ、心の底からもてなしの思いを体現できると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八戸からゲスト来客・・・心からありがとう We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる