We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 向山駅で仲良く過ごす高校生たち

<<   作成日時 : 2011/11/16 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

去年の12月4日に青い森鉄道が開業する前から、向山町内会のメンバーたちで少しずつ駅再生を目指して取り組んできました。待合室を図書スペースにしたり、駅員室を大奮闘の末ミニミュージアムに仕立て上げたりと、この1年余りはずいぶんと向山駅とかかわってきました。

そうしていると、やはり少しずつ向山駅が過ごしやすい場所へと変わってきたのでしょうね。長老たちの中には毎日のように駅で本を読むのを日課にする人が出てきました。そして若い人たちが、何かと駅で友達同士ですごすようになってきました。

今晩のミニミュージアム作業で、N会長とM局長が少し早めに来て作業をしているときも、待合室で高校生カップルが仲良く談笑していました。こういう姿を見ると、なんだかとってもうれしくなります。「おらんどの向山駅が過ごしやすいと思ってもらえているんだ」と。



男性はKado君で、この向山にあるカワヨグリーン牧場の近くに住んでいます。いつもこの向山駅を利用してくれています。女性は上北駅から通っているガールフレンド。二人ともとても素直で、ついつい話が弾んでしまいました。

そうなるとこのカップルたちに「もっと向山駅を好きになってほしい」と思ってしまいます。N会長が作ったシチューとおにぎりを、育ち盛りの2人に食べてもらうことにしました。2人ともとてもおいしそうに食べてくれ、とってもうれしくなりました。

高校生たちはとても敏感な感性を持っている世代です。どういうものが良いのか、どうすれば楽しくなれるか、そんなことを敏感に感じ取ってくれるはずです。こういう世代が良いと思えるところを、こういうコミュニケーションで、生の声で聞けるのがこの向山駅の魅力だと思います。

私たちが「クリスマスのころには電車から見えるようなイルミネーションをやってみたいんだ」「プラットホーム一面にラベンダーが咲き乱れる駅にしたいんだ」と話すと、彼らは「絶対いいと思います」「楽しいと思います」と乗ってくれました。こういう笑顔を見ると「よし、みんなでやってみよう」という気持ちになってくるんです。みんなの笑顔が、地域を動かす大きな原動力につながってくるんです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
向山駅で仲良く過ごす高校生たち We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる