We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 東奥日報掲載記事で見る向山駅ミニミュージアム

<<   作成日時 : 2011/11/21 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

地元紙・東奥日報に向山駅ミニミュージアムの記事を載せてもらえました。さすがにマスメディアの効果は大きく、イベント当日も「新聞見て来たよ」という人がたくさんいました。担当のグッチ記者は前々から足しげく通ってくれていましたから、やはり向山で目指す大きな目的みたいなのを確実に押さえてくれていますね。さすが地元紙です。記事は2日間に渡り掲載されていましたので、それらをご紹介したいと思います。


■2011.11.19朝刊から

画像


向山駅に鉄道資料のミニ博物館 ―温かさ漂うレトロ空間―
あす開館 町内会が整備

 無人駅を地域のシンボルに―。おいらせ町の青い森鉄道向山駅に20日、鉄道と同駅にまつわる古い道具を集めたミニミュージアムがオープンする。地元の向山町内会が収集から整理、管理まで担う珍しい手法で、小規模ながら手作りの温かさが漂う。昭和30年代のレトロ空間を再現し、鉄道ファンならずともタイムスリップした感覚を楽しめそうだ。

 向山駅は1962年に開業。60年代に栄えた近くの砂糖工場・フジ製糖の貨物輸送拠点として重宝された。しかし同社撤退を機に利用客は減り、92年に無人化。切符売り場を兼ねた事務室は長年、”廃墟”となっていた。
 見かねた向山町内会は今年3月と5月、ボランティアで掃除。すると、無人化の時期どころか、30年、40年前の工具や看板などを次々と発見した。中村淳悦会長(58)は「素人目にも面白い物ばかり。地域の活性化に使えないか」と展示を企画。駅舎を所有・管理する県と青い森鉄道に掛け合い、町内会が主体となって整備に乗り出した。

[元職員が作業着寄贈]
 資料は多彩。手書きの運賃表や看板をはじめ、工具、机、帳簿類、金庫、駅構内の見取り図など、年代の物ばかり。手掛けた同町内会の小島仁さん(45)は「貴重なものが多く、うまく転じすれば、町内会のみんなが集える場になれる」と可能性を感じた。企画を聞きつけた同駅勤務歴を持つ相坂昭雄さん(83)ら町内在住の元職員たちが当時の作業着や記念切符などを寄贈。準備中の駅舎を訪ねて思い出話に花を咲かせるなど、駅を縁に人の輪が広がり、無人駅らしからぬ活気が戻った。

[地域の魅力発信拠点]
 東日本大震災で同町の沿岸部は津波に襲われた。山あいの向山地区の被害はほとんどなかったものの、避難の在り方を根底から考え直す必要に迫られた。町内会は、目印として有効な駅舎を一次的な避難所の一つにしようと考えた。幸い、飲料水などを備蓄する倉庫もあった。
 中村会長は「ミュージアムも避難所構想も、決して鉄道利用客を増やす目的ではないが、地域ぐるみで大事にする価値はある」と愛着を語り、地域の魅力を発信する拠点にもしたいという。
 お披露目は20日午前11時から。以降は土日祝日の午前9時〜午後4時開館の予定。入館無料。







■2011.11.21朝刊から

画像


無人駅に思い出の品々 ―青い森鉄道・向山駅ミニギャラリー―
町内会が改装・開設

おいらせ町の青い森鉄道向山駅に20日、同駅で利用した古い用具などを集めた「ミニギャラリー」がオープンした。無人駅を地元の向山町内会が改装し、自主管理するという珍しい取り組み。関係者は「多くの人が集える憩いの場になれば」と期待を寄せている。

 同駅は1992年から無人に。事務所など駅舎は長年放置されていたが、町内会が県と青い森鉄道から借り受ける形で、地域のシンボルに―と今春から整備を始めた。
 ギャラリーには、レールのポイントを切り替えるハンドルや手書きの運賃表など駅にゆかりの品々がずらり。同駅を輸送拠点とした砂糖工場のフジ製糖にまつわる写真も展示している。
 中村淳悦会長(58)は「地域の歴史を振り返る機会になるだろう」と話していた。
 町内会ならではの企画も用意。自転車7台を駅に備え、無料貸し出しを始めたほか、カワヨグリーン牧場や観光農園・アグリの里おいらせなど周辺の観光スポットを手作りマップで紹介している。鉄道ファンで仙台市から訪れた会社員青柳茂さん(42)は「住民のアイデアで運営するのが素晴らしい。全国でも見たことがない取り組みだ」と話していた。
 ギャラリーの開館時間は土日祝日の午前9時〜午後4時。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 さすが東奥日報の山口記者は、私どもの言わんとしていることを、確実に捉えております。

 2回も載せてくれましてありがとうございます。

 また、M.F.N.Bに遊びに来てください。
N会長
2011/11/21 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
東奥日報掲載記事で見る向山駅ミニミュージアム We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる