We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.11.26ダイアリー・向山駅ミニミュージアム

<<   作成日時 : 2011/11/26 17:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

今日も向山駅ミニミュージアムで、たくさんのうれしい出会いがありました。今日の来客者はだいたい40人くらいでしょうか。みんなが駅に興味を持っている人だったなと思いました。鉄道大好きなマニア、かつて国鉄務めだった人など、何かしら駅に関わる人が多かったです。そういう人たちが訪ねてきてくれて、さまざまな話をしてくれるのを大変うれしく思います。

ミュージアムへ来ていただいた来訪者から、とても温かい言葉をいただきました。お名前を残していただいた人もいっしょにご紹介します。

■岩村隆二(八戸市)
 新聞で拝見して来てみました。貴重な資料、よく頑張っておられると思われました。今後も頑張ってください。
・・・向山へようこそお越しいただきました。みなさんに笑顔で来ていただき、さらに力がわいています。

■瓦井芳子(東京都墨田区)
 デーリー東北モバイルを見て来ました。皆さんの温かい気持ちが伝わってきました。手づくり感がとてもよかったです。
・・・東京からようこそいらっしゃいました。来ていただきありがとうございます。こちらも瓦井さんの柔らかな振る舞い、興味深そうにお話を交わしてくださったことが印象に残っています。ぜひまたお越しください。

■樋口吉郎・マサ(六戸町)
 昔が懐かしい。フジ製糖が。
・・・樋口さんは六戸ですから、きっとフジ製糖とかかわりをもたれていたのですね。またいらっしゃることがありましたら、ぜひその時の話をお聞かせください。

■種市将史(八戸市)
 今となっては見られないようなものを多く見れて良かった。
・・・ありがとうございます。20年も開かずの部屋だった事務室や倉庫を開けたとき、あのような品々が当時のままそっくり出てきたので、私たちも本当に驚いたんですよ。その上に降り積もったほこりを落とすのがなかなか難儀しましたけれど。

■沼沢憲ニ(十和田市)
・・・お越しいただきありがとうございます。またいろいろなお話をお聞かせください。

■田中英喜(おいらせ町)
・・・地元からお越しいただきありがとうございます。下田駅でもこのような品々が眠っているはずです。ぜひチャレンジしていただければ、下田駅、向山駅の2つにミュージアム・・・なんてのも最高かと思います。互いに違う歴史、沿革があるはずですから。



画像

朝10時のオープンからずいぶんとにぎわっていました。鍵を開けに行ったN会長は「10時オープンだったけどすでに見学者が来ていたんですぐに開けた」といってました。今日のふるまいは甘酒。温かい甘酒の周りに、自然と人の輪ができます。

画像

八戸市から訪れた川村さん…実はコジー部長のお父様です。古時計にたいへん興味があるらしく、今日は貴重なコレクションの中から時計を1つ持ってきてくれました。「やっぱり駅には古時計が合うな」とのこと。壁に時計を取り付け、黙々と調整作業をしています。

画像

これが取り付けた後の古時計です。ものすごく空間にマッチしています。時計板を見ますと「SEIKOSHA」とあります。現在の時計メーカー、セイコーの前身でしょうね。そのほか「14days」と付いているのですが、どうやらこれは「時計のねじをしっかり巻けば、14日間はしっかり針が動きますよ」って意味らしいですね。それ以降はどうするの?・・・また巻けばいいんです。

画像

昭和52年、向山駅第25代駅長を勤められた笹垣安男さん(83、八戸市)夫妻が23日に続き来てくれました。ご自身がお持ちの国鉄時代のお宝をたくさん持ってきていただきました。帽子、手袋、書籍・・・この写真に写っているのはその中のごくごく一部です。このような貴重なものを、惜しげもなく寄贈していただきました。笹垣元駅長、本当にありがとうございました。大切に展示させていただきます。

画像

帽子のマークを拡大してみます。国鉄マークですね。いまだ輝かしいきらめきを残していて、保存状態が大変良かったことが伺えます。

画像

帽子の裏側を見ると、「笹垣安男」としっかりネームをふっていますね。昭和55年、退職直前まで使われていたものでしょう。

画像

東京からわざわざ向山を訪ねてくれた人もいました。写真左の女性、瓦井芳子さんです。どうやらボーイフレンドとご一緒のようで。大変鉄道に興味を持っていそうなお二人は、ミュージアム内の品々を隅々まで見てくれました。どうしても鍵を開けられず、おそらく中には重要書類が詰まっているであろう国鉄時代の金庫に興味津々でした。ボーイフレンドの方が何度も鍵を回しましたが、もちろん開きませんでした。本当に何が入っているんだろう。地元の私たちにも分かりません。

画像

「このいすすわり心地最高ね」・・・いすに腰かけながら、背もたれをなでなでする瓦井さんです。この長いす、本当にがっしりしていてすわり心地がいいんですよね。おそらく半世紀以上経っていると思うのですが、やはり古い時代のものはつくりがまったく違います。

画像

お昼過ぎ、駅や線路の周りを調べていたN会長が、ものすごい大物のお宝を発見しました。線路脇のやぶに、「むかいやま」と書かれたプレートのついた丸太を発見したんです。これは昔、駅のプラットホームなどに建てられていた電柱丸太ですが、どうやらいらなくなったものが線路脇に捨てられていたみたいで。これも半世紀近く建っていると思うのですが、丸太は油を塗っているので朽ちていなく、たいへん状態の良いものでした。大物でしたが、N会長、M局長の2人でかつぎ、100m離れた駅までヒイコラヒイコラ言いながら運び込みました。ミュージアムの前にどんと置くと、これまた大変味のある目印になりました。写真左は丸太を運んだ直後のN会長・・・かなり疲れてへばってます・・・

画像

夕方、向山児童館の子どもたちがミュージアムを訪ねてくれました。みんな興味津々で品々を見てくれました。笹垣元駅長からいただいた駅長帽子をかぶり、旗を手に笑顔の佐藤れみちゃんです。

画像

こちらも帽子をかぶり、笑顔の久保田翔くんです。翔くんは「昔は向山駅から砂糖工場まで材料とか砂糖とか運んでいたんだよね。知ってるよ」と自信満々。こういう地元の歴史をしっかり知った子どもを育てることも、私たちの大切な役割だなと実感しました。

画像

今日もミュージアムではたくさんの素晴らしい出会いがありました。時間はあっという間に過ぎました。16:14に向山駅に上り列車が到着する頃、ミュージアムを閉店しました。明日もミュージアムは9時から開きます。きっとまた新しい出会い、発見がありそうですね。楽しみ、楽しみ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の午前中にお邪魔した者ですm(__)m

色々と貴重な資料を拝見出来たり、お話しが聞けて、とてもよかったでした(^^)

帰宅して両親に話したところ、「確かに昔は南側の踏切は広くて、馬車で通過した事がある」と父が話してました☆

フジ精糖で働いていた父が事務として入社した母と知り合って結婚したそうです(^_^;)

また近々お邪魔いたしますが例のウォーキングの件、実現に向けてよろしくお願いしたいところですm(__)m
田中
2011/11/26 18:42
田中さんこんばんは。今日はミュージアムへ来ていただきありがとうございました。母上様にはかつて職場でたいへんお世話になっていました。お元気にしているようで大変懐かしく思います。

70、80代のみなさんだと、やはりフジ製糖と何らかの関係を持っていた人が大変多いようです。会社と直接関係がなくても、農家ならほとんどの人が「ビート植えてたよ」って言っています。戦後、かつて砂糖生産地だった台湾や沖縄をうしなっていただけあって、いかに砂糖生産が国策として強力に支えられていたかが分かります。砂糖自由化でこの大工場が傾いたのは、TPPで騒いでいる今の時代のようですね。

フジ製糖専用線をたどるツアーは、年明け春先には確実にやろうと思っています。以前6月に試したところ、あまりにやぶがすごくて大変でした。雪解け後の春、もしくは草が枯れて雪が降る前の今時期が最適だと思いました。

 実は明日10時ですが、スタッフで下見をする予定です。もしお時間があったらどうぞお越しください。一緒にやぶこぎしましょう(笑)
M局長
2011/11/26 18:50
今週もすばらしい出会い、すごいことが続きますね。元駅長さんの笹垣さんからの貴重な帽子、ありがたいですよね。来館者にかぶってもらい駅長の気分を味わってもらうのもいいかも。大事にします。ありがとうございました。
それからN会長が発見したプレート付丸太、奇跡としかいいようがありません。もってますねー(ちょっと古いかな)
コジー
2011/11/26 19:43
コジー部長こんばんは。笹垣元駅長の帽子は実際にかぶって記念写真撮るとか、手にとって楽しんでもらえれば最高ですね。マニアの方から聞いたのですが、向山駅ミニミュージアムのように実物を手にとって見ることができる博物館って、そうそうないみたいですよ。

丸太はほんとに奇跡的。2人で100m運ぶのはなかなか大変でした。まだまだ線路周りにお宝がごろごろしています。
M局長
2011/11/26 19:47
丸太奇跡ですね…

まだまだたくさんのお宝が眠っていそうですね…
rail_airline
2011/11/26 20:40
実物を手に取って見られる博物館といえば、ひとつお隣にあたる三沢駅近く、古牧温泉内にある「小川原湖民俗博物館」がこれに近かったですね。

本当に堂々と展示物に触ってよかったかどうかは定かではありませんが、私が十数年前に訪れたときは、学芸員の方に一言ことわって、いろいろな展示物を実際に手にとって確認しました。

この博物館は、膨大な展示品を多様な角度から見学者に語りかけさせるような手法を取っており、非常に先進的な試みだったのですが、古牧温泉の経営破綻その他の影響で長期休館中です。。。

や、向山駅とカンケイない話題ですいません。
脇坂 健
2011/11/26 21:23

M局長様

本日は、大変お世話になりましたm(__)m

明日は諸事情により、参加する事は出来ませんが実現出来る事を楽しみにしてます☆
田中
2011/11/26 22:19
rail_airlineさんこんばんは。丸太は向山踏切の南側のやぶに転がってました。N会長が見つけたんですが、今まで気付かなかったのが不思議なくらい。灯台下暗しですね。まだまだあの辺りにいろいろ転がってますから、あとで一緒に見てみましょう。

脇坂さんこんばんは。民俗博物館が休止になってかなり経ちますね。知人の父親が館長してましたんで、ちょこちょこ行っていました。復活ないのかなぁ・・・。

田中さん、コメントありがとうございます。しっかり現地調査しますから。ご両親がお勤めになったフジ製糖まで、なんとしてもやぶこぎして到着しますぞ。
M局長
2011/11/26 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011.11.26ダイアリー・向山駅ミニミュージアム We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる