We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 青い森鉄道1周年・・・1年前は何してた?

<<   作成日時 : 2011/11/30 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 向山駅がJRから青い森鉄道になってから、12月4日でもう1年が経つんですよね。この間、駅待合室の図書館化、花壇の整備、そして20年間開かずの部屋だった廃墟事務室をミュージアムに仕立て上げたりと、ずいぶん密度の濃い1年だったように思います。なんだかあっという間でした。

 こうした取り組みの中で、強く意識してきたことは「おらんどの向山駅はおらんどの手で魅力アップさせたい」という思いでしょうかね。N会長も常々話していますが、青い森鉄道開業だからというのではなく、こうしたことに左右されない、ぶれない気持ちが常に向山人にあったから、こうして無理なく、楽しみながら続けられているんだと思います。やはり向山の2つのスローガンが根底にあるから、ぶれずにいけるんでしょう。

・「自手・自主・自守(じしゅ・じしゅ・じしゅ)」・・・自分たちの手で、自主的に、いざというときには自分たちを守る
・「やれるときに、やれる人が、やれる範囲で」・・・だからこそ無理なく、楽しくできる

 この気持ちが青い森鉄道開業前から常々あったことを思い出させる資料がありますんで、少し紹介します。おいらせ町が毎月発行している「広報おいらせ」、2011年1月号です。おいらせ町の人にとっては、懐かしい1年前の表紙ですね。ママが子どもを抱っこして微笑んでる表紙です。
画像


 1年前の広報おいらせ1月号の特集テーマは「兎(うさぎ)年のホップステップジャンプ」でした。2011年のチャレンジをいくつかのカテゴリに分けたんですが、その中の一つに、私たちの向山駅の取り組みが紹介されていたのでした。
画像


 その見出しタイトルも「心で駅再生」・・・なんともかっこよく、ちょっとクサいタイトルじゃないですか。当時の係に聞いてみますと、「とにかく向山の自主的な取り組みで駅再生に取り組む姿を、短い言葉でインパクトある、温かいタイトルにしたかった」とのこと。全文は添付JPGに任せるとして、ここではキーワードになる文を抜き出してみます。
画像


心で駅再生

かつて気比神社参拝客の玄関口、製糖工場の物資運搬の重要拠点だった向山駅。しかし1992年の駅無人化などにより、近年はさびしい駅になってしまっていた。向山の有志らは青い森鉄道の開業を契機に一念発起。「再び地域の駅を活性化させたい」―もてなしの心と地元観光牧場との連携で、地域の駅再生を目指す。

 「確かに向山には特別な場所はない。でも豊かな自然がある。安らげる観光牧場がある。何かが得られ、心がすっきりと洗われる―向山駅をそんな体験のための玄関口にしたい」
 向山町内会の中村淳悦会長(57)は白い歯を見せる。
 向山町内会は近年、駅の環境整備や自主運営、活用などを模索している。青い森鉄道開業前から「青い森鉄道利活用ステップアップ事業」を活用し▼季節の花が咲くプラットホーム▼向山の自然などの写真パネル展示▼郷土料理によるもてなし―などを積極的に展開する。
 中村会長は「今後は地元カワヨグリーン牧場と連携した取り組みや、向山見どころマップ製作に取り組む。すでに計画は進んでいる」と自信をのぞかせる。
 普段は静かな向山駅。かつて気比神社の参拝客、製糖工場の物資輸送などで、活気に満ちた時代があった。
 しかし製糖工場の廃業、マイカーブームなど、時代の流れは向山駅利用者を大きく減少させた。20年ほど前には駅員が置かれない「無人駅」になった。現在、定期的にこの駅を利用する人は、高校生など1日30人程度だ。
 「利用者は少ないかもしれない。でもここは私たちの駅。私たちの手で守っていかなければ」
 そう考えた地域の人々は、進んで掃除、除雪や枝払いなどの作業をし続けた。どんなに駅がさびれても、駅を守る「心」だけは残っていた。だからこそ自主的に関わり、駅再生に取り組むだけの下地があったのだ。
 間もなく町内会に「駅利活用部」が組織される。活動の中心的役割を担う小島仁さん(44)は「数年で娘は高校生。この駅のお世話になる。だからこそ『頑張ろう』と思える」とにっこり。
 彼らを突き動かすもの―それは「訪れた人たちをもてなしたい」「利用者に気持ちよく過ごしてもらいたい」「子どもや孫のために駅を守りたい」―という「愛の心」にほかならない。



★左右ページに写っている会長に注目・・・右ページと左ページに写ってますが、大きく違ってるものが1つあります。さて何でしょう?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Xmasバージョンになっている!すごい。すごいといえば、1年前の広報に書いてあるN会長の言葉(計画)がほとんど実行できているのもすごいですね。
自分たちが住んでいる地域(地元)を良くしたい、そして楽しい町内にしたいという強い気持ちと、遊び感覚で無理をせずやってこれた事がよかったのだと思います。
歩王さんやレイル君という強力な新しい仲間もできたので、来年はさらにパワーアップして活動します。
コジー
2011/12/01 05:06
あーまだ書きたい事がありました。
兎年の1年でホップできたので、辰年でステップといきたいですね。
コジー
2011/12/01 05:12
 コジーさん、なかなかホップ、ステップと良いことを言いますね。

 1年前に掲げたことが実行されていましたか。
これも、町内会のみなさん、そして役員、いやそれ以上に「もてなす」心を持ったスタッフのお陰です。

   ありがとう。
N会長
2011/12/01 09:15
コジー部長は早々にクリスマスバージョンに気づいたみたいですね。それにしても見事一年前の構想を現実にしちゃいましたなぁ。心配よりも、まずはやってみることが第一歩ですね
M局長
2011/12/01 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
青い森鉄道1周年・・・1年前は何してた? We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる