We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 町広報誌1月号にミュージアムイベントが載ってる

<<   作成日時 : 2011/12/05 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 おいらせ町の広報マン、ノッチ編集長から特別に(?)現在製作中の「広報おいらせ1月号」の原稿をいただいちゃいました。どうやら11月20日の向山駅ミニミュージアム開館イベントのことが見開きで載るようです。自分たちの地域のことが取り上げられると、やはりうれしくなりますね。どんな原稿なのか、少しだけ覗いてみることにしましょう。

画像


おらんどのちゃっこい博物館
向山駅ミニミュージアム開館

向山駅をこよなく愛する有志たちは、平成4年から無人駅となっている向山駅を自分たちの手でミュージアムに仕立て上げた。その名は「向山駅ミニミュージアム」。地域の人々の熱い思いは半世紀前に栄えていた当時の記憶をよみがえらせ、地域の小さな博物館として新たな歴史を刻もうとしている。

 「向山駅の歴史を感じるね。昔にタイムスリップしたみたい」「無人駅がよみがえったね」。このほど向山町内会(中村淳悦会長)は向山駅事務室を自分たちの手で清掃、リフォームし「向山駅ミニミュージアム(以下「ミュージアム」)を開館。11月20日、開館イベントを行った。当日は地元住民によるトロロ飯、ニンジンスープ。百石高校生によるダルマイモへっちょこ汁。カワヨのアイスクリームなどが振る舞われ、町内はもとより、情報を聞きつけた鉄道ファンも駆けつけたくさんの人でにぎわった。

画像


 駅の歴史は大正時代までさかのぼる。大正4年木ノ下信号所として開設、昭和11年には向山駅となり、最盛期は昭和30年代に向山駅の西方2キロ、六戸町にフジ製糖株式会社青森工場という砂糖を作る工場があり、その工場の稼動時は向山駅を基点に▼物資搬入▼出荷など、工場までをつなぐ専用線があった。人の往来だけではなく、物資の輸送も行っていた。しかし砂糖の輸入化で下火になり、工場は昭和42年に閉鎖。その後、国鉄からJRに移管し、平成4年無人化になった。

画像


 このミュージアムは無人の駅を活用して、地域のいこいの場を作りたいというちょっとした提案からスタートした。町内会に駅利活用部を立ち上げ、若手メンバーが主になり夜な夜な雑談しながら話を進めた。ミュージアム実現に向けて、当時を知る人たちから話を聞き、事務所内に置かれていた当時の品をきれいにして、室内を展示場所に変えた。入り口には手づくりの看板が飾られ、来る人を出迎える。中に入ると希少な「お宝」がところ狭しと展示されている。当時、国鉄工夫で働いていた山内喜三郎さん(向山)から当時使っていた作業着と作業ブーツなど、また、フジ製糖に勤務していた笹森秀郎さん(豊原)の提供で、当時の貴重な写真、そのほか駅で眠っていた工具や看板、事務机やスタンプ、それに駅員の制服などが展示されている。
 向山駅反映の歴史がこのミュージアムによって今、再びよみがえろうとしている。

 国鉄からJR、去年12月から青い森鉄道に変わった向山駅。向山町内会手づくりの無人駅のミニ博物館は、地域の力で守り立て、活性化につなげたいとの願いが込められている。
 手づくりの温かさが伝わるミュージアム。皆さんも足を運んで、当時の駅に思いを馳せてみませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
「情報を聞きつけた鉄道ファン」なのに、でかく載りすぎてませんです?(笑)
広報誌を読んでみますと、今日の交流がこの日から始まったんだな…と、改めて感じました。
普通はこのようなイベントの後には「静粛な時間」が訪れるものですが、いまだに賑わいの時間が続いているところがすごいです。
それだけ町内会の皆さんの目指すものが共感を得ているんだと思いますよ。
次回の遠征も楽しみなんですが、雪が降り始めたんですね…(^-^;;
歩王(あるきんぐ)
2011/12/06 06:57
歩王さんおはようございます。コメントありがとうございます。N会長も話していますとおり、うちら地元人にとってこのイベントは「目的」じゃなくて、あくまで「きっかけ」でした。多くの場合、イベント終わると次はなしって感じになりがちですが、うちらにとってはイベント後のほうがかえって本番のような気がしています。
イベント後、毎週のように訪れる訪問者は「昔鉄道に関わったから」「鉄道が好きだから」というように、何かしらの目的を持って来てくれる人たちばかりです。不特定多数じゃなく、鉄道や駅に興味を持っている人が来てくれると、私たちはたいへんうれしく思います。
駅を活用していくには「地元人の郷土愛」と「鉄道ファンの熱意」の2つが欠かせないと、常々思っています。地元人同
士、ファン同士、そして地元人とファン・・・この3様のつながりが「駅を盛り上げよう」「駅を楽しもう」「駅を守っていこう」という具体的実践につながっていくと思いますし、向山駅はまちがいなくその方向で進んでいこうと思っています。
昨日は雪がかなりふぶいたんですよ。もし次回着ていただけるときは、どんな天気になっているでしょうか。良い天気だといいなと思っています。
M局長
2011/12/06 08:12
 歩王(あるきんぐ)さんの道中がいつも心配です。気をつけてください。
N会長
2011/12/06 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
町広報誌1月号にミュージアムイベントが載ってる We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる