We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS デーリー東北に見る向山の狙い

<<   作成日時 : 2011/12/04 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回紹介するのは、地元新聞「デーリー東北」につい先日掲載されました「三角点」というコーナーです。これまで様々なメディアから、向山の取り組みをたくさん紹介していただきました。この中でも向山の「自手・自主・自守」というコミュニティースタンスをもっとも理解しているのが、普段から根強く取材していただいている「デーリー東北」「東奥日報」の2社かと思います。いつもの姿を覗いてもらっているので、やはり単にイベントだけではなく、その奥底に潜むわたしたちの思いをしっかり汲み取っていただけていると思います。大変ありがとうございます。

画像



■三角点

地域活性化に大切なもの

 おいらせ町の青い鉄道向山駅は、無人化されて約20年になる。長らく「開かずの間」になっていた事務室は、虫の死骸やネズミのふんが散乱する、ひどいありさまだっという。
 見かねた向山町内会が、今年春に大掃除を決行。住民たちはほこりにまみれながら、放置されていた国鉄時代の仕事道具や掲示物などを片付けているうちに「使い方次第で”お宝”になるのではないか」と思いつく。これが今月20日に開設された駅内ミニミュージアム構想の始まりだった。
 できるだけお金はかけず、頼ったのは人のつながり。昔の同駅に詳しい地元のお年寄りに話を聞いて貴重な資料を提供してもらったり、町外の鉄道ファンと情報交換したり。館内を見れば、住民の結集力や郷土愛が、じんわり伝わってくる。
 町内会は、さらなる地域の魅力発信を考案中。駅から専用線路が延びていたフジ製糖青森工場までの跡地見学ツアーや、駅周辺の花畑化計画などを検討しているという。集まってアイデアを出し合う住民の顔は、生き生きと輝いていた。
 地域を元気にするために大事なものを実感させてくれた取材だった。
(六戸支局T高マサヒト)


 ・・・うむむむむ・・・うちら向山人が考えていること、こんな短文でしっかり表現されてます。さすがです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 「デーリー東北」のT高さん、「東奥日報」のY口さん、いつもありがとうございます。
 
N会長
2011/12/05 09:13
実は私も新聞で手作りミニ博物館の存在を知った一人です(^_^;)

今やネット社会ですが、新聞やテレビ等のメディアも重要な情報源の一つである事は間違いないと思いますね☆
田中
2011/12/05 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
デーリー東北に見る向山の狙い We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる