We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.12/8向山駅ミュージアム日誌

<<   作成日時 : 2012/12/09 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

 12月8日は今年一番の本格的な雪降りに見舞われました。朝から降り続いた雪は5センチくらい積もっていました。でも軽い雪でしたから、車の走行にはほとんど影響ありませんでした。太平洋側だから北国でも比較的少なめの雪ですんでいます。日本海側は大変な大雪だと思われます。
 金太郎が雪煙を豪快に立てながら爆走してきます。雪をけ散らす姿もまたかっこいいものですね。
 この日の当番はN会長が終日でした。午前中はM局長、午後は沢鉄さんがサポートに入りました。

画像

 吹雪は時折強くなり、ひどいときにはこんな感じになりました。線路をずっとたどっていくと、その先の景色が見えなくなります。車の運転も大変だけど、線路を走る電車の運転手もきっと大変だろうと思います。先の景色が見えないというのは、相当気を使って運転しているんじゃないかと思います。運転手の皆さん、本当にごくろうさまです。

画像

 冷え込みが厳しかったので、向山駅トイレの水道が凍ってしまい、水がでなくなってしまいました。トイレ掃除ができないので困っていたところに、心強い応援がやってきました。青い森鉄道のスタッフです。水道凍結のハプニングにもきちんと対処できるよう、水をちゃんと運んできているのですね。やはりプロの皆さんは準備が違います。きれいにトイレを掃除していただきました。どうもありがとうございました。

画像

 こんな吹雪の寒い寒い日でも、向山駅ミュージアムの中はぽかぽかと温かいです。それはストーブの温かさもあるけれど、迎えるスタッフの心もあるかも。どんな方が訪れても「どうぞどうぞ」「どちらからいらっしゃいましたか」「それは遠くからありがとうございます」…そんな温かい言葉で皆さんをお迎えしようと、スタッフ一同いつも話し合っています。

画像

 9時半頃、10人ほどの団体ツアーの皆さんがやってきました。実はこのツアー、八戸観光コンベンション協会で企画しているツアーです。今回のメニューは十鉄の廃線めぐりが主なものでしたが、こうして向山駅ミュージアムをツアーコースに組み入れてくれています。ミュージアムを立ち上げてから1年余りの間に、いろいろなところから注目されるようになって来ました。大変ありがたいことです。
 ツアー一向をお迎えした会長、ミュージアム前で笑顔で皆さんを迎えています。

画像

 ツアー客へおすすめしたのは来館記念証。皆さん思い思いにスタンプをついてくれました。廃線ツアーと最初から明確な目的だけあって、参加者の皆さんとても好奇心旺盛でした。お話をしていて目の輝きが違いますもの。

画像

 向山駅ミュージアムの成り立ち、展示品の解説など、こうした話に興味津々でくいついてきてくれます。昔懐かしい国鉄時代の展示品の解説にもおのずと力が入ります。

画像

 来館者のようす、展示品のようすをデジカメで撮影するのは、八戸観光コンベンション協会の向中野さんです。「こ線橋にもぜひ向山駅ミュージアムの表示がほしいですね」と貴重なアドバイスももらいました。確かこのアドバイス、ずいぶん前に向中野さんから言われていたような。ごめんなさい、やってませんでした。次こそちゃんとプレート作って貼りたいと思います。

画像

 雪がふぶく寒い中、わざわざツアーで向山に来ていただいた皆さんへ、会長特製の甘酒がふるまわれました。甘酸っぱい甘酒が、皆さんの体を温めてくれます。

画像

 いつも沢鉄さんがはまっているという電車へのごあいさつです。この日N会長もチャレンジしてみましたら、金太郎の運転手さんが「プッ、プッ、プッ」とあいさつの警笛。手まで振ってくれました。これを味わってしまったN会長、「これははまる。うれしいもんだ」とご満悦でした。来週までに「安全運転ごくろうさまです」のプレートも作ろうと思案しています。

画像

 夕方、八観の坂本さん、県民局の上野さん、青い森の財前さんが遊びに来てくれました。坂本さんと上野さんは午前中のツアーに同行していた2人です。ツアーが無事に終わったあと、こうしてわざわざ向山駅ミュージアムへごあいさつに来てくれたのでした。この2人との話は盛り上がりますね。情熱たっぷりのお話に、会長もついつい耳を傾け、互いに熱い話を語り合うのでした。

画像

 この日はしばらくミュージアムでジオラマ制作をしていたレール制作部長、格納庫の照明づくりに熱が入っていました。ジオラマパーツはとってもリアルなつくりなんですが、パーツの一つ一つが繊細です。ちょっと力を入れただけでも折れてしまうような小さなものもあります。やさしくいたわるように、慎重に組み立てられるんです。

画像

 その作業の成果はご覧のとおり。とっても美しい照明がともりました。細部にわたってつくりがリアルですから、見ていても写真を撮っていても楽しいです。ついついじっくりと眺めてしまうできばえです。

画像

 ミュージアム閉館後の18時半、第2回組織検討会も開きました。会議参加者はN会長、M局長、沢鉄第一営業部長、浪岡第2営業部長、田中第3営業部長の5人でした。この日の案件は向山駅愛好会(仮称)の会則などでした。地元人、鉄道マニアが区別なく会員になり、一緒になって向山駅を切り盛りし、盛り上げていく体制を形作るための「根っこ」になる会則です。しっかりと、じっくりと理解しながらみんなで話し合いをしました。この会則などは、近々立ち上げを計画している新ブログでも紹介するつもりです。

画像

 約1時間半の会議の後は、お楽しみの夜バーです。この日は仙台の齋藤さんからいただいた地酒、手作り料理などを思う存分堪能しました。会長特製の鍋の中身をのぞく沢鉄さん、今にもよだれがたれてきそうです。よだれを鍋に入れないようにしてくださいね。

画像

 脳みそをたっぷりと使った後、いよいよお楽しみのナイトバーです。乾杯する皆さん、たっぷり頭を使った後にも関わらず、とってもすがすがしい表情で乾杯しているじゃないですか。それだけ中身が濃厚で、充実した話し合いだったように思います。これから先のミュージアムの目指す方向、スタッフのあり方をしっかり決められた後だからこそ、ナイトバーもそれはそれは充実したものになりました。

 仙台の元向山人さん、いただいた地酒はおいしくいただきました。どうもご馳走様でした。いただいた地酒は大変うますぎて「こりゃすいすい飲めちゃう」と2人ほど収拾つかなくなるメンバーも。そんな姿を見てこの日酒を飲まなかったN会長は「俺にも残しとけ」と言っておりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
N会長様昨日はお疲れ様でした。
電車へのご挨拶ハマりますよね・・
やった人でなければ解らないと思います。
第2回組織検討会は中身が非常に濃い(超濃厚な)ものと実感いたしております。
微力?ながら沢鉄はやりますよ〜〜〜
向山駅ミュージアムは絶対外せなくなりました。
(空の富士は三段目まで?出世です)
それとともに向山駅ミュージアムの顔として
恥じない!よう努力するとともに
駅を愛する皆様にどんどんアピールしてまいります。
昨日はもう少しで、よだれが落ちそうでした。
なす漬け征服しなければいけないですね・・。
本日のパトロール及び地形確認訓練は燃料計の
トラブルにより中止いたしております。
沢鉄第1営業部長
2012/12/09 23:25
沢鉄さんこんばんは。先日の組織検討会は大変お疲れ様でした。コメントいただきましたとおり、今後の目指す方向、スタッフのあり方、運営の仕方などをルールとして決める会則は、今後どうしても必要になってくるものです。

 こうした決め事は固いように思えて当然だと思います。でもそのバックボーンをしっかりしていないために運営が頓挫したり、スタッフ間の温度差を埋められなくなったりするような話は、いたるところで聞かれるものだと思います。こうした決め事は、いろいろな考え方をする人同士を一つの方向に向けるための大切な指針だと改めて思いました。
M局長
2012/12/09 23:37
皆さん、こんにちは。
railさん制作のジオラマすごいですね〜(◎o◎)照明が点いた一枚なんて、少し遠くから写した本物の駅か、駅ビルかと思うほどです。
実際に拝見したら、口開けて見入ってしまうかも。息子は叫び、よだれ出るのは私ですね。まさに垂涎…。
元・向山人
2012/12/10 16:35
土曜日は本当に手厚いおもてなしありがとうございました。
お陰様でツアーのお客様もみんなミュージアムとスタッフの方のファンになっている様でした。やはり心がこもってるから人を惹きつけるんだと実感しました。
向山流のお見送りをバスにもして下さって感動しました。
八戸観光コンベンション協会 坂本
2012/12/10 18:44
1枚目の写真、いいですねー。
貨物列車に雪、似合うなーーー。
ネマール
2012/12/10 19:07
坂本さんこんばんは。コメントありがとうございます。先日のツアーはホストとしていろいろご苦労もあったことでしょう。大変お疲れ様でした。

参加者の皆さんの表情を見ていて、とてもいい感じだなと思いました。練りに練った坂本さんの企画があってこその笑顔だなと思いました。時間がたつのがあっという間に感じたのもよかったのかなと思います。

向山流の体全体を使った見送りは、最近恥ずかしさがまったくなくなってしまいました。ああいう動きをしないとどうも調子が出ません。向山駅ミュージアム病ですな。
M局長
2012/12/10 22:27
ネマールさんこんばんは。コメントありがとうございます。

雪煙を上げる金太郎、撮影してみるとなかなか迫力があります。貨物が長いですし、スピードもありますから雪煙の量がまるで違います。でも接近撮影は「危険が危ない」です。望遠レンズは必須です。200mmくらいの望遠なら十分に迫力ある姿をとらえられます。

沢鉄さんの500mmバズーカならさらに迫力が出ますでしょうかね。沢鉄さん、最近バズーカ見ませんね。ぜひそのパワーをまた見せてくださいね。
M局長
2012/12/10 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.12/8向山駅ミュージアム日誌 We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる