We love Mukaiyama/向山町内会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.3/9日米合同鮭の稚魚放流会レポ

<<   作成日時 : 2013/03/12 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



 こんばんは。M局長です。
 3月9日の土曜日に「日米合同鮭の稚魚放流会」に子どもたちと参加してきました。青森県おいらせ町を流れる奥入瀬川が会場です。
 奥入瀬川は十和田湖が水源で、70キロほどを流れながら太平洋に注ぎ込む川です。この川には毎年秋になるとサケが遡上してきます。昔から奥入瀬川ではサケの孵化事業が行われてきましたが、その遡上数は県内でもトップクラス、毎年10万匹近くのサケが登ってくるのです。
 この奥入瀬川で毎年行われているのが「日米合同鮭の稚魚放流会」です。3月上旬、日本の子どもたちと米軍三沢基地の子どもたちが一緒になって、小さなサケの稚魚を奥入瀬川に放流するのです。



画像


 これがサケの稚魚です。大きさは5センチ足らずといったところでしょうか。秋に採卵した卵からかえった稚魚は、体の側面に縦筋模様が入っています。まるでヤマメのパーマークのような感じですね。この模様は海でだんだんと大きくなるにつれて消えていきます。この後海で魚介類を食べながら、3年とか4年とかの歳月をかけて、生まれた奥入瀬川に産卵のために上ってくるのです。



画像


 サケの稚魚はこうしてバケツに入れられて配られます。いったいこのバケツに何匹入っているのでしょうね。サケが大きくなって生まれた川に帰ってくるのは、全体の数のきっと数パーセントといったところでしょう。この写真に写っている稚魚のうち、無事に戻ってくるのはいったい何匹くらいなのでしょうか。それほど海の生活は生物にとって過酷なものなのでしょうね。



画像


 この日の奥入瀬川は吹雪でした。ここ最近、ずっと週末になると天気がくずれがちです。でもさすがにこれからは天気が悪化することはないでしょう。ずいぶんと温かくなって春らしくなってきました。道路の雪もほとんどなくなっています。春を本格的に迎える頃、サケの稚魚たちのほとんどは大海原で泳ぎまわり、盛んにえさをとり、そしてたくさんの危険に遭遇していくことでしょう。そのうちのほんの一握り、生き残ったサケたちだけが群れをなして生まれた川に上っていくのです。
 生き物のDNAにインプットされた習性というのは本当に不思議なものです。どうしてサケが生まれた川を間違えずに戻ってくるのか、まだまだ謎がいっぱいらしいです。

 秋には遡上したサケをつかみ取りするイベント「日本一のおいらせ鮭まつり」も開かれます。暴れまわるサケを素手でつかみ取りする豪快なイベントです。参加したことのない人は、ぜひ遊びに来てくださいね。つかみ取りに参加できなくても、出店やほかのイベントでもとても楽しめます。ただ11月とはいっても奥入瀬川の岸辺は寒風吹きすさんでとっても寒いですから、防寒対策はお忘れなく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
県内各地、四季折々の行事がありますね。

おいらせに帰って来る前に、私たちが、いただいている鮭もいるはず!!

粗末にしないで、おいしくいただきましょう\(^O^)/
三沢の浪岡
2013/03/14 12:33
浪岡さんこんにちは。コメントありがとうございます。おっしゃるとおりですね。皆さん自然の恵みをおいしくいただきましょう。「いただきます」は「あなたの命をいただきます」と食材に言うのですから。
M局長
2013/03/14 13:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.3/9日米合同鮭の稚魚放流会レポ We love Mukaiyama/向山町内会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる