[祝]ゴロー隊の除雪機格納小屋完成

画像

 折舘五郎さん(79)、橘定美さん(75)の「長老コンビ」の手で、ついに歩道除雪機格納小屋が完成しました。上は正面から見た小屋の姿です。ドアが2枚取り付けられていて、それぞれに歩道除雪機が1台ずつ格納できるようになっています。

画像

 青色の屋根と壁がなんともかっこいいですね。部分的に透明なタキロンを付けていますが、これは五郎さんのこだわり。「光がはいるようにしないと、中が真っ暗で大変になるだろうから」と。細かいところまで気遣いを忘れません。

画像

 傾きかけた日の光を浴びて、小屋が輝いているように見えます。小屋の柱に使った部材は3寸5分の太いもの。橘さんいわく「普通の家でも3寸角くらいが多いから、ずいぶん奮発したんだ」と得意そう。この小屋製作に並々ならぬ思いを注いでくれたことが分かります。

画像

 小屋の面積は約7.3平米。材料費は約8万円強掛かりました。でももし業者に頼んだならば、おそらく20万円とか30万円とか掛かってしまうでしょう。これを長老たちは材料費だけで建ててくれたんです。「ただってのはあんまりじゃない?」…そういう声があるかも知れませんが、長老様たちには思う存分労をねぎらい、大好きなお酒をたっぷりと振る舞わせてもらうことにしています。

 私たちの向山町内会は、こうしたパワフルで、気持ちよく、自主の意識が高い長老様たちに力強く支えてもらっているんです。若者から長老まで、幅広い世代で助け合う気持ちは、自主コミュニティーの運営には絶対に欠かせないものだと思います。損得とか見返りではなく、お互いの「支え愛」こそ、私たちが目指す「自手・自主・自守」を支える大きな原動力になるはずです。

この記事へのコメント

N会長
2011年12月16日 08:36
 早速、ゴローさん、橘さんの所を訪ねたら、完成の魂入れをしなければならない。
 ということになりました。

来週早々にやりますか!!
    ゴローさん、橘さん
ジーコ
2011年12月16日 09:06
間近で小屋を見ましたが、すごいの一言です。寒い中、大工仕事をしている2人の姿にはいろいろなことを学びました。
M局長
2011年12月16日 09:41
皆さん総出で長老様の労をねぎらいましょう

この記事へのトラックバック